すべては患者さんのために



がんに罹患すると、患者さんも
ご家族も様々な不安を抱かれます。
治療は苦しくないだろうか?
入院期間は? 仕事を続けながら
治療は可能だろうか?
その心配や苦痛を少しでも減らしたい。

その思いで、
体や日常生活への負担を軽くしながら、
より高い治療効果を得る方法を、
医療・メーカーと一体となり
開発を続け40年が過ぎました。

私たちには、
がんに取り組む年月で培った、
全国1,000を超える医療機関との
ネットワークがあります。
そのネットワークと
様々な臨床試験データを活用し、
今後さらなるがん治療への貢献を
続けていきます。

患者さん、医療機関、
医薬品メーカー、医療機器メーカーの
プラットフォームとして、
先進的な治療法の確立を
目指しています。

集学的治療とは >>

5つの事業

研究助成・情報発信・開発支援・交流会など、
様々な方面から、がん治療の発展に貢献しています。

医療機器開発、臨床試験のサポートや研究への助成、蓄積された研究データの再解析により、新たに得られる情報の発信、意見交換・情報交流の場となる講演会やイベントの実施など、あらゆる方面から、より良いがん治療を推進する事業を行っています。


ご寄付のお願い


事務局

公益財団法人 がん集学的治療研究財団
JFMC [Japanese Foundation for Multidisciplinary Treatment of Cancer]

代表者 法人代表  理事長  
山岸 久一
事務局代表 事務局長 
金子 正利
住所 〒136-0071 東京都江東区亀戸1-28-6 タニビル3F
電話 総務 03-5627-7593
研究 03-5627-7594
FAX 03-5627-7595
JR総武線「亀戸駅」より徒歩10分(歩道橋を渡り明治通りを南へ)
都営新宿線「西大島駅」より徒歩15分(A2出口を出て、明治通りを北へ)