理事長

yamagishi_top

理事長:山 岸 久 一

2021年6月22日の評議員会、理事会において、理事長として就任致しました。
 前任の松本晃理事長は、体調を崩され一期のみの就任で退任されました為、急に理事長交代となりました事をご理解頂きたく存じます。
 公益財団法人として、最も重要なことは、「透明性の維持」と「公益性の確保」であります。
 財団組織を維持し、公益性のある事業の実現の為の収益は必要でありますが、それ以上の収益の取得は許されません。
 過去の財団運営では、製薬関連の企業からの支援を中心に運営されてきましたが、臨床研究法が施行されて以来、製薬企業からの支援が困難になってきております。
 その中で、患者の為になる治療法の開発・研究を推進するには、薬剤治療のみでなく、副作用対策、手術機器・手術方式の工夫、術後の再発予防対策、患者側から医療従事者に対する提言、あるいは先進医療の推進など様々の方向性を追求したいと思います。

公益財団として事業そのものから利益を得ずに、事業に必要な財源を得るためには、
  1) 公的研究費の取得
  2) 寄付のお願い(公益財団法人の特徴を活かして)
  3) 関連企業からの支援
  4) がん関連興業、がん患者支援など
事務局の企画力、各種委員会からの積極的なご提案、ご協力を宜しくお願い致します。
 結びに、今までと同様に皆々様から当財団へのご支援とご理解を賜りたくお願い申し上げます。