第1回臨床研究開発・推進委員会を開催しました

第1回臨床研究開発・推進委員会を開催致しましたので、下記のとおりご報告致します。

日時: 平成27年 4 月16日(木曜日)13:40~14:30
場所: 名古屋国際会議場 1号館3階 第8会場(会議室131・132)
第115回日本外科学会定期学術集会 会場内

本委員会は、当財団の新規臨床試験に関するテーマ及びシーズの探索を図るため、組織構成を全国6ブロックに区分し、専門領域は横断的に内科、外科、放射線科、泌尿器科、婦人科、生物統計学の幅広い領域から、地域性を考慮して、幹事会幹事6名 臨床研究開発・推進委員77名の計83名で構成された新しい委員会となります。委員長には九州大学大学院・総合外科(第二外科)教授 前原 喜彦 先生にご就任いただき、第1回臨床研究開発・推進委員を開催致しました。

公益財団法人がん集学的治療研究財団
第1回臨床研究開発・推進委員会 式次第
(13:40~14:30) 50分

総合司会 公益財団法人がん集学的治療研究財団 事務局長 古田 榮敬

1.開会の挨拶
佐治 重豊  (公益財団法人がん集学的治療研究財団 理事長、岐阜大学名誉教授)

2.常務理事挨拶
北島 政樹 (公益財団法人がん集学的治療研究財団常務理事、国際医療福祉大学学長)

3.公益財団法人がん集学的治療研究財団のあゆみと臨床試験の概要及び臨床研究開発・推進委員会の今後の業務運営について・幹事会・ブロック長のご紹介
前原 喜彦 (公益財団法人がん集学的治療研究財団理事、九州大学大学院消化器・総合外科(第二外科))

・メール会議について
桑野 博行 (公益財団法人がん集学的治療研究財団評議員、群馬大学大学院 病態総合外科学(第一外科))

4.質疑応答

5.閉会の辞
武藤 徹一郎 (公益財団法人がん集学的治療研究財団理事、公益財団がん研有明病院名誉院長)

maehara
理事・本委員会委員長 前原 喜彦 先生
saji
開会のご挨拶
理事長 佐治重豊 先生
kitajima
常務理事のご挨拶
常務理事 北島政樹 先生
mutoh
閉会の辞
理事 武藤徹一郎 先生
kanji
幹事会幹事
左から、桑野博行 先生・今野弘之 先生・瀬戸泰之 先生・馬場秀夫 先生・松原久裕 先生
iinkai
委員会の様子

昨今のディオバン事件以来、社会情勢が大きく変貌し、医学研究に関する倫理規制の強化、賛助会費や寄附金の大幅な減少、新規臨床試験の提案減等が発生している為、委受託試験として品質を保証できるテーマの提案や有効性の高い治療法のシーズの提案等を行うための委員会として発足しました。そのため、委員の平均年齢は47歳で、臨床研究グループを組織して活躍いただけるアクティブな先生方にご就任いただきました。なお、本委員会はメールにて開催し、常に情報の共有化をスピディーに行います。

なお、当日は、第115回日本外科学会定期学術集会の初日にも関わらず、56名にご臨席いただきました。今後は理事会及び関係委員会と連携して、本財団の新規臨床試験の探索及び推進に向けて運営してまいります。

臨床研究開発・推進委員会 委員名簿