寄付のお願い

「患者に優しい癌薬物療法の展開,プロジェクトX」への寄付のお願い

謹啓

時下益々ご清祥のこととお慶び申し上げます。

陳者、公益財団法人がん集学的治療研究財団は1980年に厚生省(現厚生労働省)の認可を受け、更に1981年には試験研究法人として承認された公益法人であります。財団設立以来、がんの集学的治療に関する臨床研究や臨床試験の企画、推進と、臨床試験に携わる医師および医師を事務的な面で補佐する臨床試験施設データマネージャーの養成と研究参加施設への配置、および臨床試験の基礎部門に相応する一般研究助成事業等を主な業務として、公益法人の責務を果して参りました。

公益財団法人がん集学的治療研究財団では、癌薬物療法において、ヒト癌の多様性から単剤での治療完結は困難で多剤併用が基本であること、ヒト癌は慢性疾患的に経過するため長期間に亘る治療の継続が必要であること、治療継続のためには薬剤投与法の工夫を含めた有害反応軽減策が重要であること等を考え、これを「患者に優しい癌薬物療法の展開、プロジェクトX」として、当初目標を5年に設定した臨床試験を体系的に遂行する長期計画を立案致しました(別紙、icon_s_pdf 趣意説明書参照)。

また、プロジェクトXの各論の企画・立案は、EORTCに準じて改変、再編成した組織(別添資料「臨床研究の進め方」)によって行うこととし、臨床試験の名称を従来の「特定研究XX」からJapanese Foundation for Multidisciplinary Treatment of Cancer (JFMC) XX-03-01の様に変更し、その運用はISO 14001に準拠したPLANしてDOし、再度CHECKしてACTIONするPDCA方式で行います。即ち、臨床試験の「妥当性」、「有効性」、「適切性」を常に厳守しながら見直しを行い、アウトカムを適切に評価し、有効性が示唆されない場合や社会情勢に適合しなくなるなど、研究が当初の目的に沿わない情態となった場合には、試験を即座に中止する方策を取り入れた訳であります。

今回、公益財団法人がん集学的治療研究財団がプロジェクトXとしてここに示した臨床試験は、多くの癌患者様に限りない福音を与えるものと信じております。しかし、公益財団法人がん集学的治療研究財団が置かれている現在の財政(資金)面から見てプロジェクトXの遂行は不可能であります。そこで、広く一般に寄付を呼びかけるべく募金活動を展開することを企画いたしました。大変不躾なお願いではございますが、本趣旨に是非ご賛同頂き、ご支援、ご協力を賜りますよう、宜しくお願い申し上げます。

末筆ながら貴台の益々のご健勝とご活躍をお祈り申上げます。

謹言

平成15年11月吉日

公益財団法人 がん集学的治療研究財団
理事長  佐治 重豊

「患者に優しい癌薬物療法の展開、プロジェクトX」
推進のための募金計画書

Ⅰ.募金の期間:平成15年11月1日から平成18年10月31日

Ⅱ.募金の額 :4億円 個人1口   1万円
法人1口  100万円

Ⅲ.募金の目的:公益財団法人がん集学的治療研究財団の新規事業「患者に優しい癌薬物療法の展開、プロジェクトX」を5年間にわたり推進させるための資金に充てる。

Ⅳ.募金の方法:公募の形で広く一般に呼びかけ、寄付を募る。

Ⅴ.募金の使途:
公益財団法人がん集学的治療研究財団は、新たな事業として「患者に優しい癌薬物療法の展開、プロジェクトX」を提唱し、これを推進、展開させるに必要な資金を広く一般から寄付の形で募集する。
集まった寄付金は、以下の各事業を推進させるための経費に充てたい。

1. 「患者に優しい癌薬物療法の展開」に要する経費 2億4,000万円
2. 「新しい癌治療法の開発」―トランスレーショナル・リサーチの展開―に要する経費 1億1,250万円
3. 臨床試験の迅速な遂行と精度向上を目指した「施設DM」の養成に要する経費 4,750万円
合     計 4億円

Ⅵ.募金の使途明細

  1. 「患者に優しい癌薬物療法の展開」に要する経費
    • 「患者に優しい癌薬物療法の展開」として掲げた①低用量抗癌療法を用いた臨床試験②薬剤有害事象を投与量設定の基準としたtailored chemotherapy、③免疫化学療法の再検討、④分子標的治療の臨床効果の検討、にかかわる4つの新たな臨床研究(第Ⅰ、Ⅱ相試験、30施設、60症例)を計画し、実施する。
    • 臨床研究1テーマ当たり6,000万円を4テーマに割り当てる。
    • 1テーマ当たりの経費内訳は次の通りである。
      研究助成金 590 万円
      施設DM助成金 500
      会議費 200
      旅費交通費 250
      データ収集費 1000
      データ解析費 800
      血中濃度測定費 600
      通信費 120
      印刷費 180
      消耗品費 60
      企画立案費 50
      企画検討費 950
      謝金 300
      雑費 200
      その他 200
  2. 「新しい癌治療法の開発」―トランスレーショナル・リサーチの展開―に要する経費
    • 一般研究助成事業は、公益財団法人がん集学的治療研究財団が掲げる重点事業の柱の一つである。すなわち、一般研究助成受賞者の研究課題の中から財団が取り上げる臨床研究テーマを発掘し、癌の新しい治療法を開発する研究へと繋げていく重要な意義を持っており、財団設立以来21年間にわたり1,644名の応募のうち361名に対し、5億2千万円の助成を行って来た。
    • 癌の臨床試験の活性化を促すためには、従来にも増して一般研究助成事業の枠を広げなければならないことを痛感しており、このような意味で助成対象者数の拡大と助成金の額を従来(平成11年度まで)の1件150万円に復活させたい。
      一般研究助成対象者15名×1件150万×5年間    1億1,250万円
  3. 臨床試験の迅速な遂行と精度向上を目指した「施設DM」の養成に要する経費の内訳
    • 臨床試験施設データマネージャー養成講座は、癌治療における臨床試験のように複雑で長期にわたる臨床試験を実施する際には、医師サイドに立って医師を補佐する職種(施設データマネージャー)が必要であるとの観点から、教授秘書、医局秘書、診療情報管理士などを対象として、公益財団法人がん集学的治療研究財団が独自に臨床試験施設データマネージャーを養成する目的で開設された。
    • 患者に優しい癌薬物療法の展開に取り上げた臨床試験の推進と併せて、試験に参加する施設のDMを対象に施設データマネージャーの養成・研修を行っていきたい。
      施設DM50名×19万円×5年間       4,750万円