平成29年度第38回一般研究助成者が決定しました。

平成29年度一般研究選考結果のお知らせ

一般研究選考委員長 掛地 吉弘

本年度、平成29年度一般研究助成応募数は48件となりました
去る10月5日(木)に第42回一般研究選考委員会を開催し、厳正なる選考の結果
下記の6名(採択率12.5%)に決定致しましたので、下記にご報告いたします。

研究者 研究課題
池上 徹
九州大学病院
消化器・総合外科 講師
生体肝移植による進行肝癌に対する至適治療適応拡大
後藤 太一郎
山梨県立中央病院
肺がん・呼吸器病センター
センター長
血中遊離DNAを用いた肺癌術後微小癌遺残の検出に関する研究
立石 健祐
横浜市立大学大学院医学研究科
脳神経外科学講座 助教
IDH1変異が及ぼすDNA修復機構変化の解明と合成致死に基づく新規治療法の開発
谷口 浩二
慶應義塾大学医学部
微生物学・免疫学 特任准教授
消化器癌におけるサイトカインシグナルの機能解析
畠 達夫
東北大学大学院医学系研究科
消化器外科学分野 非常勤講師
腫瘍由来血中遊離DNAを用いたリキッドバイオプシーの結果に基づく切除不能・切除境界膵癌に対する集学的治療の個別化への試み
増田 隆明
九州大学病院別府病院
外科 助教
活性酸素安定効果を有する抗リウマチ薬サラゾスルファピリジンを併用した、食道癌に対する新規放射線治療の開発
(五十音順)

なお、平成29年度 第37回一般研究発表会および第38回贈呈式を12月1日(金)に開催致しますので御予定下さい。詳細についてはこちらをご覧ください。