規程(研究支援者活用事業)

研究支援者活用規程

  1. 趣旨
    • この規程は、厚生労働科学研究(がん臨床研究)推進事業実施要綱に基づく研究支援者活用事業の実施について必要な事項を定めるものである。
  2. 定義
    • 研究支援者とは、がん臨床研究事業(以下「研究事業」という。)の研究者を支援することを目的として本財団が採用する者をいう。
  3. 資格要件
    • 研究支援者の資格要件は、学士の学位を有する者又は研究事業の実施に当たって必要な技術を有する者で、研究支援者としての期間中他の常勤的な職に従事しない者とする。
  4. 業務内容
    • 研究支援者の業務内容は、研究事業の推進に必要な技術等の支援を行うこととする。
  5. 受入研究者
    • 受入研究者は、対象となる研究課題の主任又は分担研究者であること。
  6. 研究支援者の採用期間
    • 研究支援者の採用期間は、原則として1年以内とする。ただし、対象となる研究代表者の研究課題の継続実施が認められる場合に限り、申請に基づき3年を限度として1年ごとに採用期間を更新することができる。
  7. 採用者数
    • 研究代表者あたり3名以内を原則とし、予算の範囲内で採用する。
  8. 採用及び受入機関への派遣手続
    • (1) 研究支援者の受け入れを希望する研究代表者は、分担研究者の希望分を含め、次に掲げる書類を財団に提出する。
      • ア.研究支援者受入申請書 (様式1)
      • イ.研究支援者受入承諾書 (様式2)
    • (2) 研究支援者としての採用を希望する者は、次に掲げる書類を研究代表者に提出する。
      • ア.研究支援者採用申請書 (様式3)
      • イ.研究支援者履歴書 (様式4)
      • ウ.その他財団が必要と認める書類
    • (3) 財団は、申請を取りまとめ、がん臨床研究推進専門委員会の審査・選考を経て、研究支援者を採用し、受入機関へ派遣する。 なお、採用にあたっては、あらかじめ厚生労働大臣に協議するものとする。
  9. 身分及び処遇
    • 研究支援者の身分及び処遇は、次のとおりとする。
      • (1) 財団の非常勤職員とし、非常勤職員手当等を財団が別に定める「がん臨床研究推進事業の支援者経費支給基準」に基づき支給する。
      • (2) 社会保険及び労働保険に加入させる。
  10. 報告
    • 研究支援者は、採用期間終了後、「業務実績報告書」を本財団に提出しなければならない。
  11. 義務
    • (1) 研究支援者は、支援業務を遂行するときは、受入研究者の指示及び受入機関の長の定めるところに従わなければならない。
    • (2) 研究支援者は、本人の故意又は重大な過失により受入機関又は本財団に損害を与えたときは、その弁済義務を負うものとする。
  12. その他
    • この規程により難い場合は、あらかじめ厚生労働大臣に協議し、その指示によるものとする。
  13. 附 則
    • この規程は、平成18年4月1日から適用する。

がん臨床研究推進事業の研究支援者経費支給基準

  1. 非常勤職員手当
    • 月額195,000円(社会保険料、労働保険料、税込)を支給する。
  2. 通勤手当
    • 国家公務員に準じて支給する。ただし、算出・支給方法は1ヶ月単位とする。
  3. 住居手当
    • 国家公務員に準じて支給する。ただし、持家の場合は支給しない。
  4. 扶養手当
    • 国家公務員に準じて支給する。
  5. 地域手当
    • 国家公務員に準じて支給する。
  6. 国内活動旅費
    • 学会出席旅費として実費支給する。
      ただし、6については予算の状況により、支給できない場合もあり得る。