募集要領(若手研究者育成活用事業)

若手研究者育成活用事業 平成24年度募集 募集要領

  1. 趣旨
    • この事業は、若手研究者をがん臨床研究に参画させ当該研究の推進を図るとともに、 将来わが国の当該研究の中核となる人材を育成するために実施するものである。
  2. 対象となる研究分野
    • 研究代表者の研究課題に関連する研究
  3. リサーチ・レジデントとなる者の資格・条件
    • 次の事項をすべて満たす若手研究者とする。ただし、外国籍の研究者は、 申請時点において日本に6か月以上在留していること及び日本国内で研究歴を有することを前提とする。
      • (1)博士の学位を有する者又はこれと同等以上の研究能力を有すると認められる者
      • (2)リサーチ・レジデントの期間中、他の常勤的な職に従事しない者
      • (3)平成24年4月1日現在における年齢が満39才以下の者
  4. 採用期間
    •  平成24年7月2日から平成25年3月31日までとする。ただし、研究代表者の研究課題の継続実施 が認められ、かつ、当該リサーチ・レジデントの研究成果が良好と認められた場合に限り、3年を限度として1年ごとに延長する ことができる。
      なお、過去に厚生労働科学研究推進事業のリサーチ・レジデント履歴を有する研究者の採用期間は、通算3年を限度とする。
  5. 身分・待遇
    • (1)身分・・・ 財団の非常勤職員
      (2)待遇・・・ 1)非常勤職員手当
      Aランク:月額345,000円(税込み)
      Bランク:月額266,000円(税込み)
      (注)Aランクによる申請をBランクで採用する場合がある。
      2)通勤手当
      3)住居手当
      4)扶養手当
      5)地域手当
      6)国内学会等出席旅費
      7)社会保険及び労働保険に加入
  6. 応募条件
    • (1)申請者は、がん臨床研究推進事業の研究代表者であること。
    • (2)リサーチ・レジデントの受入研究者は、がん臨床研究推進事業の研究代表者又は分担研究者であること。
    • (3)受入機関の長の承認が得られること。
  7. 応募手続
    • リサーチ・レジデントの受入を申請する研究代表者は、分担研究者の希望分を含め、所定の申請書類に記入のうえ、原則として希望する受入開始日の1ヶ月前までに送付すること。 (申請書類は別紙様式のとおり)
  8. 募集期間
    • 平成24年7月2日(月)~平成25年1月31日(木)
      ただし、申請状況により期間を変更することがある。
  9. 採否決定通知書
    • 決定次第、関係者に文書で通知する。
  10. 研究成果の報告等
    • (1)リサーチ・レジデントは、採用期間終了後1ヵ月以内に「研究実績報告書」を財団に提出すること。
    • (2)提出された研究実績報告書は、当財団が発行するがん臨床研究推進事業研究報告集に掲載し、発表する。
  11. 申請書類
    • 【個人情報の利用目的】
      • 申請書類に記載された個人情報は、がん臨床研究推進事業の実施のために必要な事務に限定して利用するものである。
      • (1) リサーチ・レジデント受入申請書(様式1) ( PDF形式)(doc形式
      • (2) リサーチ・レジデント受入承諾書(様式2)(受入機関の長) ( PDF形式)( doc形式
      • (3) リサーチ・レジデント採用申請書(様式3) ( PDF形式)(doc形式
      • (4) 履歴書(様式4) ( PDF形式)( doc形式
    • Word97以降をお持ちの方は、doc形式でダウンロードし、Wordで編集後に印刷してください。
      Word97以降をお持ちでない方は、PDF形式でダウンロードし、印刷後に記入してください。
    getAdobeReader
    PDF形式の閲覧には最新のAdobe Acrobat Readerが必要となります。
    お持ちでない方はダウンロードしてご覧ください。
  12. 留意事項
    • (1)研究代表者の研究が終了すると同時に推進事業を受ける資格も喪失する。したがって、研究代表者の研究が終了した時点でリサーチ・レジデント期間も終了する。
    • (2)博士の学位を有する者がリサーチ・レジデントに応募する場合は、必ず学位取得を証明する書類(学位記の写し又は学位取得証明書)を申請書に添付しなければならない。
    • (3)博士の学位を有さない者がリサーチ・レジデントに応募する場合は、6年制の医学、歯学、獣医学部を卒業した者にあっては卒後3年以上の研究経験年数を有し、又は、その他の学部を卒業した者にあっては卒後5年以上(修士課程修了者は、修了後3年以上) の研究経験年数を有し、かつ、学会誌等に発表した論文数が、原則として、主著で1件以上なければならない。
    • (4)採用申請書(様式3)の採用申請者の研究実績欄(2)の、最近3年間に学会誌等に発表した論文の記載にあたっては、特に強調したい論文に◎を付すること。
    • (5)採用選考にあたり、必要に応じて面接を行うことがある。
    • (6)申請時点で大学院生であった者が、リサーチ・レジデントに採用される場合は、採用日までに大学院を退学しなければならない。 また、その事実を証明する書類を提出しなければならない。
    • (7)2件以上のリサーチ・レジデント受入を申請する場合は、申請書(様式1)に申請順位を明記すること。
    • (8)書類に不備がある場合は、申請を受理しないことがある。
  13. 応募先
    • 財団法人 がん集学的治療研究財団
      〒136-0071 東京都江東区亀戸1丁目28番6号 タニビル3階
      TEL:03-5627-7593 FAX:03-5627-7595 E-Mail:jfmc@jfmc.or.jp