臨床研究のお知らせ

臨床研究のお知らせについて(研究の公開)

本件は「オプトアウト」すなわち,同意不要であった既存データを用いた研究において,「自分のデータは使わないでほしい」という,患者さんの拒否の機会を確保するため,研究の公開を公益法人癌集学的治療研究財団のホームページ (http://www.jfmc.or.jp/ )上で一元的に行っているものです。

研究課題名 大建中湯の効果と投与条件の探索的研究 -3つの臨床研究の統合解析-
対象者及び
登録期間
<がん集学的治療研究財団が実施した下記3試験に参加された患者さん>
・大腸癌術後の消化管機能異常に対する大建中湯の臨床的効果
(JFMC39) ; 2009年1月~2011年6月
・肝癌切除術施行後の消化管機能異常に対する大建中湯の臨床的効果
(JFMC40) ; 2010年2月~2012年1月
・開腹下胃全摘術施行後の消化管機能異常に対する大建中湯の臨床的効果
(JFMC42) ; 2011年1月~2012年12月
利用目的 上記3つの臨床研究のデータを用いて、大建中湯の効果を検討するため。
提供の方法 がん集学的治療研究財団にて保管していた情報の利用(自機関利用)
情報の項目 上記試験ご参加時に症例報告書にてご提供いただいた情報
※欠測情報の補完(新たな情報収集)は行いません
研究機関の範囲
(研究組織)
アドバイザー;
 北島 政樹(国際医療福祉大学 副理事長 名誉学長)
研究代表者;
 島田 光生(徳島大学大学院医歯薬学研究部 消化器・移植外科学 教授)
プロトコール委員;
 河野 透(札幌東徳洲会病院 先端外科センター長)
 肥田 圭介(岩手医科大学 准教授)
 勝野 秀稔(藤田保険衛生大学医学部 消化器外科学 准教授)
 西 正暁(徳島大学大学院医歯薬学研究部 消化器・移植外科学 助教)
統計解析責任者;
 森田 智視(京都大学大学院医学研究科 医学統計生物情報学 教授)
連絡先 公益財団法人がん集学的治療研究財団
住所   ;〒136-0071 東京都江東区亀戸1-28-6 タニビル3F
電話番号 ;総務 03-5627-7593 , 研究 03-5627-7594
FAX番号;03-5627-7595
e-mail  ;jfmc-dc@jfmc.or.jp

上記3試験で登録された患者さんのデータは、個人を特定することができないよう匿名化されています。また、がん集学的治療研究財団に厳重に保管、管理されておりますので、情報が今回の研究以外に利用されることは不可能になっています。今回の臨床研究に、ご本人のデータの使用に異議申し立てを希望されるかたは、ご本人より上記「公益財団法人がん集学的治療研究財団」宛てに手紙、メール、お電話もしくはファックスなどにてその旨通告していただければ、しかるべく対処いたします。


研究番号 № JFMC 7, JFMC 15, JFMC 33
研究課題名 大腸癌補助療法3臨床試験の統合解析  (メタアナリシス)
対象者及び
対象期間
癌集学的治療研究財団が過去に実施した3本の大腸癌補助療法臨床試験に参加登録された大腸癌治癒切除手術患者さん*
JFMC 7 大腸癌患者3394例 1986年~1988年
JFMC 15 大腸癌患者1839例 1989年~1990年
JFMC 33 大腸癌患者1071例 2005年~2007年
連絡先 公益財団法人がん集学的治療研究財団
住所: 〒136-0071 東京都江東区亀戸1-28-6 タニビル3F
電話番号 総務 03-5627-7593 , 研究 03-5627-7594
FAX番号 03-5627-7595
e-mail: jfmc-dc@jfmc.or.jp

*これら3研究に参加登録された患者さんのデータは、癌集学的治療研究財団および東京理科大学浜田教授室において厳重に保存・管理され、患者さんの個人情報とは連結不可能な匿名化が行われていますので、このデータベースから個人情報を特定、もしくは利用することは不可能になっております。この3研究に説明を受け、同意されたうえでご自身の意思で参加を文書で承諾された患者さんのなかで、今回の統合解析にご本人のデータの使用に異議申し立てを希望されるかたは、ご本人より上記「公益財団法人がん集学的治療研究財団」宛てに手紙、メール、もしくはお電話・ファックスなどにてその旨通告していただければ、しかるべく対処いたします。